先週の火曜日、朝、顔を洗うのに洗面台の前で上半身を倒したら
いきなり腰に鈍痛が(@_@;)
あ!と思ってゆっくりと上半身を起こし、急ぎ椅子に座って様子を見ていたのですが、どんどん痛みは増してきて・・。
でも、父の入院の日だったので、そのまま湿布を貼って、我慢して出かけました。
父を入院させてそのままいつもの内科に行き、先生に痛み止めを出して貰いました。
お薬は黄金コンビのハイペン(痛み止め)とミオナール(筋弛緩剤)それに胃薬と、葛根湯です(^^;
急ぎ薬を飲んだあと、一旦家に帰ってご飯を食べて今度は整骨院へ。
相棒も一緒に連れて行き、無理やりマッサージして貰ったのですが
相棒も危ない所でした。
整骨院の先生は腰は揉まずにアイスノンで冷やしてくれて、
肩や足などを緩めてくれたので、寝込むところまではいきませんでしたが、まだ完全に回復しておりません(^^;
明日、もう一回行っておこう。お金が無いときなので
治療費が1回500円というのもとっても助かってます(@_@;)

さて、くーぱーさんのブログでニシン蕎麦の記事があり、
(このお蕎麦屋さんはとっても美味しいんですよw)
そう言えば、昔はお正月に身欠きニシンを買って昆布巻きを作ってたなぁと思い出して食べたいなと思ってたところ、なんと農協の市場で
身欠きニシンを発見。

身欠きニシンは北海道で捕れたニシンを干物にしたもので
それを戻して甘辛く煮たものを昆布巻きにしたり、甘露煮で食べたり
蕎麦に乗せて食べたりします(^^
かなり脂が乗ってまして、触ると脂が手につくくらいですが
独特のにおいもあるため、ちょっと面倒な工程を経て煮て行きます。

まずは、2日間ほど、米のとぎ汁に浸して柔らかくし、
その後、お茶を入れたお湯で煮こぼしてから、
甘辛いタレで炊いて行きます。

いろんな作り方があるので、とりあえず手間が中間くらいの方法を
取ってみることにしました。
ただいま、2日間とぎ汁に浸したものを、番茶を煮だしたお湯で煮て
明日の朝までゆっくり冷まして行きます。

明日はいよいよ煮込みになります(^^;
うまく煮えますように。
山椒をたくさんいれるぞー♪