一昨日の夜に弟夫婦から連絡があり、近所のおいちゃんが怪我してるので明日病院に連れて行ける?と言われ、状態を聞くと足に低温やけどしたらしくただれてるみたいと(汗
小さい頃から、ずーっとかわいがってくれてた近所のおいちゃんだったのでそちらのおばちゃんに電話して確認し、金曜日に総合病院に連れて行きました。(おいちゃんは父より4つ上で、80歳になりますが
2年くらい前から骨折したり、痴呆が出たりでおばちゃんが面倒みてます。)
おいちゃんは寒がりなので、電気毛布を敷いて寝ていたのですが
踵にやけどをしたであろうあとがずるっと皮がむけて身が見えてるし(ーー;)消毒するのに実際に見てびっくりしました(汗
帰って着替えさせていたら、お尻と背中にもあった!!!!(汗
血液を調べたら栄養失調かな?と言われたので、たぶん栄養の
偏りも影響しているようです。なんせごはんしか食べないから(^^;

抗生物質やら塗り薬をもらい1週間ほど様子を見て、
ダメなら入院して治療しましょうということで、帰りましたが
帰りに回転寿司でモリモリごはんを食べ、ご機嫌で帰ってきました。
なんか食べれる料理をということで、ホイル焼きをしたり、
今日は、フグの天ぷらやらぜんざいと肉まんも持って様子見に行ったりしました。ついでに火曜日に行って、おばちゃんの大掃除を手伝ってこよう。
どうも歳のせいと介護疲れのせいで、家の掃除とかが出来てないみたいなので、大掃除も買って出ました。
火曜日は、いろいろ具を入れてパンも作って持っていこう。
おいちゃんは私の作ったパンはどうやら気に入ってくれてるようなので
野菜ジュースとか果物を練りこんで、パンを作ってみたいと思います。

年寄りは嚥下障害があるので、喉を詰まらせない食事は
なかなか難しいですね。
いろいろ研究してみたいと思います。

車から家まで入るのに、歩くのが嫌そうだったので、
「おいちゃん、おんぶしよか?w」と聞くと
「うん!」と言うのでおんぶして「ぬおー!!!」と
全力疾走しましたw
おいちゃん、だいぶ軽くなったね(;_:)

うちの乱調な叔母も来週の月曜日から入院になります。
一度壊れちゃった心はなかなか元には戻らないので
しっかり24時間、病院で看病してもらうほうがいいだろうと思ってます。
叔父が介護の限界みたいで、私に電話があったので、急いで病院に
入れなさいよ!と勧めました(^^;
叔父よ、そして自分の糖尿の治療をするのだ(汗

最近、身内やら友達関係で集団的老化現象が出てきております(汗
そういう時期なんだろうなぁ・・。
10年くらい前は、祖父母の兄弟連中がどどどっとあの世に逝ったのですが今度は父母の兄弟姉妹やら従姉弟がどどどっと倒れはじめましあ(汗
あ~、この波がすんだら、次は私~?www

まだ死にたくないな~(^^;
もうちょっとしたい仕事もあるし、とりあえずがんばろうと思いました。