CURURUで、捏ねないで縛って寝かせる方法のパン作りを
紹介しましたが、もう一度おさらいです(^^

材料:
強力粉250g
砂糖小さじ山盛1
塩小さじすり切りよりちょっと少なめに1
脱脂粉乳中さじ1(無くてもOK。風味と焼きあがりの色がよくなります。)
無塩バター5g(室温に戻しておく。ショートニングでも、オリーブオイルでもOKです。
ドイツ風だったらラードもありです。)
水150~160g(最初は150gほど足して捏ねるときに足りなそうだったら少しずつ足してください。)
インスタントドライイースト小さじすり切り1(長時間発酵させるときはもう少し減らしておいてください。)

作り方
1、材料を計り、ボールに入れて水を入れる前に泡だて器で撹拌しておく。
水を足しながら手で混ぜて行きます。だいたい混ざったらバターも入れてさらに捏ねて丸めます。

ちょっとボソボソですが、まとまったら、これくらいでOK。混ぜ合わせから3~4分くらいでこんな感じ。
(ほんとはここからバッタンバッタン捏ねたり叩いたりしますが、腰が悪いから省略します。
あとは袋に入れちゃいますw)

2、ジップロックかちょっと厚手のビニール袋にサラダ油をちょっと落として
中を濡らしておきます。(生地がひっつかないようにするため。
袋の上から揉むと広がります。)

生地を入れてこんな感じでちょっと緩めに巻きます。
そして、布巾やランチョンマットなどで巻いて輪ゴムで両端と真ん中を軽く縛ります。

ちょっとだけ室温に慣らしておきます。(20分程度。)
この後、ボールなどに入れて冷蔵庫に放り込んでおきます。
(お勤めの方はこのまま、帰宅時間(7時くらい?)まで放置しておきます。多少のずれは大丈夫。)

帰って来たら、冷蔵庫から出すと

途中でパンパンに膨れますが、(発生するガスの圧力で捏ねたときと同じ状態になります。)
ちょっとガスが抜けて巣が立った状態。

3、袋の端を切って広げます。
(作業台の代わりになるので、終わったら捨ててよし。
サラダ油のおかげで、手粉もあまり必要ありません。)
8等分に切り分けて軽く丸めて濡らした布巾をかけて
20分程度休ませます。(ベンチタイムです。)

艶々の生地になりました(^^

4、成形します。
丸くしてもよし、楕円にしてもよし。

5、夏は霧吹きをしてラップをふわっと被せて50分くらい放置します。
(オーブンの発酵機能があれば、中にたっぷり霧吹きをして、50分放置。)
倍くらいの大きさに膨らみます。(終わりごろにオーブンから出して
余熱を開始しておいてください。)

6、生地に霧吹きで水をかけておき(パリッとした皮にするため)
200℃に余熱したオーブンで、15~20分ほど焼きます。
これくらいのキツネ色になれば焼きあがり♪

上記の生地に、卵やバターをたっぷり入れると
バターロールなどのリッチな生地になります。
(次回はバターロール系を)

発酵しすぎちゃった?って思ったら、
丸く薄く伸ばしてピザ生地にすると
とっても美味しいですよ(^^v
高温でパリッと焼いてくださいね!(230℃~250℃)
出来上がって網の上で冷ましたら
袋に入れて冷凍しておくと、美味しいパンが
楽しめます。(自然解凍してね。)