うちの猫等が貰われてきた直後くらいの画像です。
まだ、くろちゃんとがんこ姐さんの大きさが同じくらい(^^;
多分くろちゃんのほうがちょっと年下と思われますが、
今はくろちゃんのほうが1.5倍くらいに大きくなってます。
2匹とも地元のボランティア団体から貰いました(^^
ちなみに最初はがんこ姐さんだけだったのですが、
もう1匹どうですか?ということで、何匹か候補を連れてきて貰い、
お見合いをしたのですが、どの猫を見ても「シャーww」。
そんな姐さんがくろちゃんを選んで、そのまま、2階の自分の部屋に連れて
行ったので、私たち飼い主の意見などまったく関係無い所で
決まってしまいました(^^;
そしてその日から、一緒にご飯を食べ、一緒の布団で眠り、
そして一緒のトイレを使っております(汗
相棒に猫アレルギーが出なければ、あと1匹くらい良いかなぁと思って
たんですが、アレルギーの数値が普通の人の30倍くらいあるので
医者からもう次はダメということで、この2匹が猫を飼うのは最後に
なるかなぁ・・。
姐さんと相棒はラブラブな関係なので(笑
医者から、猫を手放せと言われたときは、薬飲んでも
我慢すると申しておりました(^^;
完全な室内飼いですが、一番広くて眺めの良い2階の部屋を占領し、
冬は猫コタツ完備、餌もいつでも食べれるようにしております。
(実は2匹とも時間制で餌をやっても食べません。
必要以上に食べることもしないので、気ままに食べれるようにしております。)
室内飼いの宿命か、ちょっとどえんな体型ですが、
うちは家族全員がそういう宿命かも(^^;

つくさんに教えて貰って初めて知ったくるねこ大和さんのブログ
彼女もたくさんの猫を保護しては、丁寧に世話をして、
貰い手さんを探してらっしゃる。
お友達のよしほさんところも大家族だし、頭が下がる思いです。
猫も犬もうさぎも小動物もそうですが、飼ったからには最後まで面倒は見て
あげたいですね。だって家族ですもん。
そして、猫や犬は天下の回りもの。
もし、猫や犬を飼いたいなぁと思われた方は、ぜひ積極的に
里親募集のサイトなどのぞいてみていただければと思います。

田舎に引っ越せたら、また犬を飼いたいなぁ・・。

写真は実家に居た多分ハスキー?のゴンタです(^^;
この小屋はかれこれ8年近く大事に使ってましたっけ。
この後、知り合いのおいちゃんが新しい小屋を作ってくれて
とっても大事に使ってました。
入口が狭かったので、弟がのこぎりで広げてやろうとしたら
弟の尻に食いついたww どうも、小屋を壊されると思ったようですww
猿が来ても、イノシシが来ても?って感じで能天気な犬でしたが
それでも体が大きいので、番犬としてだいぶ役立ってくれました(^^
このゴンタも貰い犬です。

また、良い縁があると良いなぁ・・。
とりあえず、頑張って田舎に引っ越さねば(^^;
田舎に引っ越せば、相棒のアレルギーもだいぶ良くなるかもと
思ってます。