なんだかんだで、仕事の他に実家で漬け物漬けたりとか
来週はもち米を洗ったりとかいろいろしないといけませんw
来週雪らしいし、寒いじゃないか(ーー;)

先週末は仕事も私生活もなぜかピタッと動きが止まり、
ちょうど体調が悪かったのでほとんど死んでました(汗
土日は大掃除をするつもりだったけど、大事をとって寝てました。
お陰で風邪はひどくならずに治ったので助かった・・。

先週は病院に喉の漢方薬(ツムラ109番小柴胡湯加桔梗石膏。痛いときに
すぐ飲んだら治っちゃいましたw)などを貰いに行ったのですが
帰りに先生が「あげる♪」とマンナン●カリのサンプルを山盛り一箱くれました(汗
これ食べて体重と血糖値のデータ取れってことだろうなぁ・・(^^;
2カ月分くらいありそうです(汗
とりあえず、あと5kg減量だもんなぁ・・。
がんばるかなぁ・・。

お隣の国はえらいこっちゃの騒ぎになってますが、
さてこれからどうなるのでしょう?(^^;
韓国、自力で頑張れよ。
いつまでも他国に頼ってちゃいかん。
われわれもそうですね。頑張らねば。

さて、がんこ姐さんが居なくなって1週間ちょっと経ちますが
だいぶ慣れてきました。
くろちゃんはさびしいのかよく騒ぎますが、寝るときは私と一緒に
寝たりしてますので、だいぶ落ち着いてきてます。
相棒はくろちゃんと寝ようとしたのですが、ちゃんと寝てくれないので
拗ねてますが、しょうがないよね(^^;
ぶにゃは相変わらず元気で、うんちがくさーい(@_@;)
猫トイレの扉を壊してくれたので、新しいのを新調しないと
いけません。猫ってなんで壊すのが好きなんでしょうね~(ーー;)
ぶにゃはうんちをしたらにゃーんと鳴き、
湯たんぽが冷えたらにゃーんと鳴き、
だっこー!と飛びついてきます(汗
オスの癖して甘えん坊は、大人になっても治らないんでしょうね。

ところで、姐さんを動物病院で診て貰っているときに
先生からいろいろ教えて貰いました。
介護するときに温めないといけないのですが、猫の体温が
低下すると、冷たい所に逃げようとすること。
よく猫は姿を隠して死ぬとか言いますが、体温が低下すると
暑く感じて冷たい所に逃げようとするそうです。
これは人間も同じだそうで、臨終に近くなると、布団を脱いだり
するそうです。
で、温めるときに便利なのが、小さめのペットボトル(熱に強い素材のもの)に
60℃くらいのお湯を入れて、新聞紙で巻いて猫の身体の周りに入れてやること。
人間が触ってみて少し熱いなと感じるくらいでちょうど良いそうです。

また、猫の具合が悪くなる原因の一つに、昔のペンキを舐めて
中毒になるとのこと。
壁などを猫が舐めているときは要注意だそうです。
昔のペンキには、甘い?成分が入っているそうなんですが、
それは猛毒だそうで、それで中毒を起こす子も居るそうです。
猫や犬を飼うのも大変ですが、少しでも知識があれば
役立ちますね。