少し暖かくなってきましたが、被災地の方はまだまだ夜はとても寒いと
思います。
早く暖房が整ってくれれば良いと願うばかりですが、道路の状況なども
あって、なかなか小さな避難所などは行きとどいていないよう。

もし、避難所でたき火が出来るようだったら、子供さんやお年寄りに
石を焼いて温石(おんじゃく)を作ってあげれたらと思いました。

もし避難所に連絡が取れる方がいらしたら、お伝えいただければと思います。

仙台のちょっと田舎の方に友達がいます。
地震直後だったのですが、メールで無事が確認出来ました。
山の方だったので、比較的被害は少なかったようです。
物流が開通しているか確認出来たら、足りないものを送ろうと
思います。

主治医の従兄弟さんは、病院のお医者さん。
ご家族もあるのに、ずっと病院に泊まり込んで診療優先に
活動されているようで、頭が下がる思いです。

少しでも、暖かく過ごせるように。
何か昔の人の知恵などありましたら、被災地に連絡して
取り入れていただければと思いました。